シェーバー・剃刀の刃の枚数による違い オススメは?

刃の枚数で何が変わるのか

剃刀やシェーバーは刃の枚数に違いがありますよね。

刃の枚数が多いほうが良く剃れそうな気がしますが、実際にはどうなのでしょうか。

調べてみました。

 

私が普段愛用しているのは、ラムダッシュの5枚刃「ES-CSV6Q」です。

入浴中にシェービングする派なので、非常に重宝しています。

5枚刃だからするする剃れるし、お風呂剃り対応だから肌も痛めにくく何の不満もありません。

 

だから、基本的には5枚刃のお風呂剃り対応のシェーバーを使えば問題ないと思います。というより、むしろこれ一択という感じですね。

 

 

刃の枚数が増えることによるメリット

 

・深剃りできる

・肌への負担が減る

・素早く剃れる

 

 

やはり3枚刃より5枚刃のほうが深剃りできます。

これは経験から言って、間違いないでしょう。

 

肌への負担が減る。これも間違いないですね。

ヘッドの面積が広くなり圧力が分散されるためです。

 

刃の面積が大きいほうが、髭剃り時間を短縮できる。

これも間違いありません。

勘違いしてはいけないのが、スピードの話ではなく、時間の話ということです。

素早く剃ってはどんなに刃の枚数が多くても、肌に大きな負荷がかかっていしまいます。

 

 

ネックは金額?

 

5枚刃にすれば髭が剃れなくて困ることも肌が荒れて悩むこともなくなるでしょう。

 

しかし、5枚刃のシェーバーは性能が高い分、値段も高くなります。

 

3枚刃のシェーバーでも良質なモデルは多くありますし、値段もお手頃です。

 

性能と金額のどちらかを取るかが問題となりますね。

5枚刃のほうが替え刃の値段も高くなりますし。

 

 

費用を抑えて3枚刃に妥協するのか、

それとも、費用は気にせず5枚刃で快適なシェービングを手に入れるのか。

 

 

断言しましょう。

圧倒的に後者のほうが、コスパがいいです。

 

 

3枚刃と5枚刃では、剃り味が全く違います。

この差はいくら『正しい髭の剃り方』を実践したとしても覆せません。

 

ということで、髭剃りは、5枚刃の電気シェーバーを使いましょう。

オススメは「ES-CSV6Q」です。